笑顔で死にたい。

今日お越しいただいたお客さんが、お話ししたことをちょこっとシェア。

 

30代前半のお客さま。Aさんとしましょう。

公務員という安定した職業につきつつも、来年3月で仕事を辞め、大学へ行くことを決意したそう。

「大学で何を学びたいんですか?」と伺うと、

 

【宇宙工学】!

 

とのこと。

 

小さい頃から、スターウォーズの世界に憧れ、宇宙が好きになって、高校も理系に行ったが、高校卒業後は、公務員に。

仕事自体はやりたくて決めた道だったが、ここ数年は昔夢見ていた「宇宙」に対する思いが強くなって行ったそう。

そして、「宇宙に関わることをしたい」という思いが消えなくなり、大学で学ぼうと決意したそうです。

 

けっこう、誰しもがこの「分岐点」にぶち当たるんじゃないかなぁ。

人によってきっかけは違えど、例えば。。

 

  • 仕事に慣れてきたころ。
  • 部署や仕事の内容が変わったころ。
  • 人間関係で悩んだり。
  • 周りの人が、結婚や転職が多くなって来たころ。

 

「仕事やめようかな」

「私には他に何かもっと違う道があるんじゃないか」ってね。

 

だけど、おそらくそう思っても8割の人は辞めないよね。

今の仕事、今の職場。

 

このAさんの場合は、少数派のほうです。(わたしもそうですが)

「辞める」という選択をしたのは、まず、「後悔したくない」ということでした。

 

「30代で、まだまだ体が動く今のうちに、好きなことに挑戦してみたい。

ずっと思いだけを引きずっているのはイヤだ」と。

 

この言葉を聞いて、わたし、めっちゃテンション上がっちゃった!!!

 

何が、一番ぐっと来たかって、このAさんの顔が、宇宙の話をしたときの目の輝き!

本当にこれからがワクワクでたまらないってエネルギーがバンバン出てました。

「好き」という思いが溢れ出ちゃってたんですよね、彼女。

 

「これから楽しみですねぇ〜」と私も一緒にワクワク!!

 

人のこういう話聞くのって大好き☆

聞いている方も嬉しくなるし、聞いているだけで楽しくなっちゃう!

 

 

ちょうど私もAさんと同じころ、「やめる」決断してたなーって。

昔の自分思い出した。

私は、カラーの勉強を始めたとき、カラーセラピーで人生の最終目標を決めましょうというテーマで、私が決めた「最終目標」は。。

「いい人生だった」と笑顔で死ぬこと。
後悔のない最高の人生だったと満足して死ぬ。ということ。

 

それで、会計事務所で働き続ける自分と、辞める自分の両方を想像したら、辞めてやりたいことやったほうが気持ちよく死ねると思った笑

 

だから、今があるんだな〜。

 

あの頃から、いまもこの最終目標は変わってない。

 

投稿を作成しました 38

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る