稼げばいいと思うか、節約しようと思うか。

こんにちは。

私はパーソナルカラーを学んだのは、18年前!
そうなると診断歴も18年です。

もちろん、初めの頃は会社勤めもしていたので、毎日診断というわけにもいかず、カラースクールで練習させてもらったり、友達とかの診断からスタート。

あの頃から120色のカラードレープで診断をしていました。

あの頃まだプロとしてやっている人や独立しようと思って学んでいる人は少なかった。
どちらかというと、今やってる仕事の付随サービス的な位置付けだったり、単純にカラーに興味あって学んでいる人が多かったので、120色のドレープを買うことに躊躇している人も多かったんです。

その当時、24歳くらいの自分には高かった。
(とはいえ、今の価格に比べたら、質も断然よくて、超良心的で考えられないくらい安い!今なら3倍はする)

ましてや、
スクールでの練習時には貸してもらえるし、自分で高いお金を出して買うっていう選択肢を持つ人が少なかった。

だけど、わたしはもともとカラーの仕事で独立するつもりだったし、仕事をする上ではぜったいに必要な道具だから、お給料の安かった私にとっては痛かったけど、迷わず買ったのです。

結局、20名くらいいたクラスで、ドレープを買ったのは私ともう1人でした。

ほとんどの人が買わなかった理由は、「高いから」でした。

値段だけ見たら、何万円もするわけですから、高いって思う人もいるかもね。

「自分で布探して買った方が安いよね」という人もいました。

そりゃそうだ(苦笑)

それ言い出したら、なんでもそうじゃん。

だけど、商品としてみるだけでも、

・50センチ四方の綿生地が120色
・切り揃えてあって綺麗に並べてある
・色の名前が書いたシールが1枚1枚貼ってある
・持ち運べるケースつき

・・・これだけでも、
人の手間がかかっているし、買ってすぐに使えるツールとして、相当価値高いって思う。

パーソナルカラーを取得したばかりの人間が、色の見分けもままならない人間が、自分の足と時間を使って布を買いに行き、1枚1枚色を確認しながら選んで・・・・ってやるだけで何日かかるんだよ!って思ってしまった。

実際、いくらくらいで布って買えるのかなってカナリアに見に行ったけど、確かに値段は安い。
だけど、ぴったりの色の生地を探す時間を考えたら「めんどくさ!」って思った笑

10枚、20枚ならまだしも、120枚・・・ムリ!!ってね。

そんな時間あるなら、1人でも多く練習して早く一人前になろう。
それに、自分の道具があれば、スクールで練習できない日も自分でできる。
お金をもらえるように早くなっちゃえば、すぐ回収できるじゃん!

って思ったよね。

人によって、どこに価値をおくかって違うよね。

なんでも自分でやれば安く済むっていうのは、当たり前の話で。。
ただ、その分自分の時間も使ってるっていうね。

値段に関係なく、
自分の足を使って自分の目を使って、自分の時間を使って探して歩くのが好きな人はそれも楽しみになるよね。

そうしたい!って思うならね。

だけど、「安く済ませたい」が一番大きな理由なら、その行動ですり減っていくよね。

これって、
稼げばいいじゃんって思うか。
節約しようって思うか。

の違いだと思う。

人によってどちらに重きを置いて、どちらを大切にするかは違うけど、私は断然、「稼げばいいじゃん」派です。

投稿を作成しました 38

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る